偏頭痛を起こさない為には目を酷使しすぎない事

近年の人間の生活環境は著しく変わってきました。身近にあるものとしてテレビや携帯、スマホなどの電子端末が増加し、それによって目を長時間疲労状態にしてしまう人が多くなりました。また、会社に勤めている人はほとんどの場合が仕事はパソコンで行うようになり、会社員の一人に一台のパソコンが当たり前の生活になっています。

しかし、それは思わぬ病気の原因にもなります。近年は頭痛に悩まされる人が多くて、それが目の疲労が原因となっていると解明されています。

よく目を酷使すると肩こりや腰痛になったり、女性の場合はむくみや冷え性になったりします。それは目の疲労が原因で血行が悪くなっているからであり、良く引き起こされる頭痛はその目の酷使による緊張性頭痛です。

これはすこし偏頭痛とは違ってこの緊張型頭痛の場合は血管の流れが悪くなることによるものが多く、そのため先ほどのような肩こりや腰痛なども引き起こします。ただし、これは偏頭痛と違って血管の流れが悪くなることが原因なので、身体や頭を温めるのが良いです。そこで良く陥りやすいのですが、偏頭痛と緊張型頭痛を勘違いして、逆に温めてしまったり冷やしてしまったりすると悪化の原因にもなります。

なぜ目を酷使することが偏頭痛によくないのか?

なぜ、目の酷使が片頭痛によくないのかというと、目を酷使すると肩こりになります。その肩こりが片頭痛の原因になるのです。最近の有力な説として三叉神経血管説があります。これは脳内に張り巡らされた血管が拡張して炎症を起こすことで、肩こりなどの刺激を受けることが原因になるものです。

つまり目の酷使によって肩こりになり、そこから偏頭痛になるという悪循環になることが身体にとって良くないのです。現代は目を使うことばかりで目が疲労することがあるので、そういう人は蒸しタオルなどで疲労をとるのが効果的です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月16日

t8aa9s1ann (14:15) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛の予防と改善

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hdacetate.com/MT508/mt-tb.cgi/4

コメントする




« ツボが偏頭痛を和らげる? | ホーム | この偏頭痛は母親ゆずり? »

このページの先頭へ