ツボが偏頭痛を和らげる?

人間にはツボがあります。最近はツボと言っても笑いの意味でつかわれることが多いですが、人間のツボは身体を癒す効果を持っています。そのツボを刺激することによって病気が解消されたり、自然治癒力が高くなって病気そのものになりにくくなったりする身体にできます。近年多くなってきた偏頭痛もまたその一つで、ツボによって緩和することができるので、ツボを知っておいて損することはないです。

また偏頭痛になっていても薬やサプリメントは使いたくないという人がいます。そういう自然派の方でもツボならばそういったものを必要としないので効果的です。頭痛に効くツボはいくつかの種類があります。そのツボを紹介します。

1.百会(ひゃくえ)

頭の頂点が痛いときに効果的なツボで、つむじの手前にあるツボです。ここを刺激することで、頭をすっきりさせる効果や自律神経失調症の緩和にも効果があります。

2.合谷(ごうこく)

肩こりや目の疲れからくる偏頭痛などに効果的です。このツボは手の親指の付け根の骨と人差し指の付け根の骨の間の肉の部分にあり、上半身の痛みを緩和する万能なツボです。

3.完骨(かんこつ)

偏頭痛に効くツボとして有名なツボで、耳の後ろの骨の下部分から指一本分上のツボで、首筋の上にあります。ここを全体的にマッサージすることで効果があります。

4.天容(てんよう)

先ほどの完骨と同じ筋上にあり、下あごのラインの過度にあります。ここも完骨と同じように指全体でマッサージすることによって緩和の効果があります。


このように偏頭痛に関するツボは各種あり、痛みや症状によって使い分けていくことができます。原因によって偏頭痛の症状も変わってくるので、その症状の違いによってツボのどこを刺激するか考えていくのが緩和への近道です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月14日

t8aa9s1ann (14:13) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛の予防と改善

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hdacetate.com/MT508/mt-tb.cgi/3

コメントする




« 肩こりと偏頭痛は仲が良い? | ホーム | 偏頭痛を起こさない為には目を酷使しすぎない事 »

このページの先頭へ