偏頭痛の予防と改善の最近のブログ記事

お茶には偏頭痛鎮静効果あり!?

まるで脳が中からガンガン叩かれているような痛みを発する偏頭痛。

その痛みはどうしてやってくるのかと思っている人もいると思います。特に身体に悪いこともしたでもなく、普通に会社に行ったり、普通に学校に行ったりしているだけなのにたまに頭が痛くなる人もいます。

それに偏頭痛は片方の頭がズキズキと痛むと言われていますが、その症状は人によって左右されることが多くて、中に最初から頭全体が痛む人や頭痛と共に目眩や耳鳴りをする人もいます。これらの真相が解明されていない現代では、偏頭痛はただの頭痛と侮ってはいけない世の中になっています。

そもそもこの現代は生きているだけでもストレスを強く感じることが多いし、学校に通っている人は大事なテストがあったり、課題の発表があったりして極度の緊張になることが多いですし、社会人で働いている方は仕事そのものがストレスになったり、ミスをすることによって上司に怒られたりすることで極度の疲労とストレスを感じる人もいます。そういったストレスや疲労などによってさらに不眠症になる人もいて、それらの原因が集まって偏頭痛は引き起こされます。

では偏頭痛になってしまったときはどうしたらいいのかというと効果的かつ簡単な方法は食事や飲み物を摂取したり変えたりすることです。よりリラックスできる食材を食べたり、心に良い飲み物を飲んだりすることによって緩和できます。

特にお茶には頭痛を緩和する効果があります。紅茶にはビタミンが原因の頭痛に良いですし、身体が疲れているときにはマテ茶などが効果的です。そして一番効果的なのが緑茶です。これには血管収縮作用があるので、血管の拡張で炎症になる偏頭痛には血管の縮小を助けてくれる緑茶が効果的です。

タグ

2014年5月21日

t8aa9s1ann (14:54) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛の予防と改善

偏頭痛を起こさない為には目を酷使しすぎない事

近年の人間の生活環境は著しく変わってきました。身近にあるものとしてテレビや携帯、スマホなどの電子端末が増加し、それによって目を長時間疲労状態にしてしまう人が多くなりました。また、会社に勤めている人はほとんどの場合が仕事はパソコンで行うようになり、会社員の一人に一台のパソコンが当たり前の生活になっています。

しかし、それは思わぬ病気の原因にもなります。近年は頭痛に悩まされる人が多くて、それが目の疲労が原因となっていると解明されています。

よく目を酷使すると肩こりや腰痛になったり、女性の場合はむくみや冷え性になったりします。それは目の疲労が原因で血行が悪くなっているからであり、良く引き起こされる頭痛はその目の酷使による緊張性頭痛です。

これはすこし偏頭痛とは違ってこの緊張型頭痛の場合は血管の流れが悪くなることによるものが多く、そのため先ほどのような肩こりや腰痛なども引き起こします。ただし、これは偏頭痛と違って血管の流れが悪くなることが原因なので、身体や頭を温めるのが良いです。そこで良く陥りやすいのですが、偏頭痛と緊張型頭痛を勘違いして、逆に温めてしまったり冷やしてしまったりすると悪化の原因にもなります。

なぜ目を酷使することが偏頭痛によくないのか?

なぜ、目の酷使が片頭痛によくないのかというと、目を酷使すると肩こりになります。その肩こりが片頭痛の原因になるのです。最近の有力な説として三叉神経血管説があります。これは脳内に張り巡らされた血管が拡張して炎症を起こすことで、肩こりなどの刺激を受けることが原因になるものです。

つまり目の酷使によって肩こりになり、そこから偏頭痛になるという悪循環になることが身体にとって良くないのです。現代は目を使うことばかりで目が疲労することがあるので、そういう人は蒸しタオルなどで疲労をとるのが効果的です。

タグ

2014年5月16日

t8aa9s1ann (14:15) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛の予防と改善

ツボが偏頭痛を和らげる?

人間にはツボがあります。最近はツボと言っても笑いの意味でつかわれることが多いですが、人間のツボは身体を癒す効果を持っています。そのツボを刺激することによって病気が解消されたり、自然治癒力が高くなって病気そのものになりにくくなったりする身体にできます。近年多くなってきた偏頭痛もまたその一つで、ツボによって緩和することができるので、ツボを知っておいて損することはないです。

また偏頭痛になっていても薬やサプリメントは使いたくないという人がいます。そういう自然派の方でもツボならばそういったものを必要としないので効果的です。頭痛に効くツボはいくつかの種類があります。そのツボを紹介します。

1.百会(ひゃくえ)

頭の頂点が痛いときに効果的なツボで、つむじの手前にあるツボです。ここを刺激することで、頭をすっきりさせる効果や自律神経失調症の緩和にも効果があります。

2.合谷(ごうこく)

肩こりや目の疲れからくる偏頭痛などに効果的です。このツボは手の親指の付け根の骨と人差し指の付け根の骨の間の肉の部分にあり、上半身の痛みを緩和する万能なツボです。

3.完骨(かんこつ)

偏頭痛に効くツボとして有名なツボで、耳の後ろの骨の下部分から指一本分上のツボで、首筋の上にあります。ここを全体的にマッサージすることで効果があります。

4.天容(てんよう)

先ほどの完骨と同じ筋上にあり、下あごのラインの過度にあります。ここも完骨と同じように指全体でマッサージすることによって緩和の効果があります。


このように偏頭痛に関するツボは各種あり、痛みや症状によって使い分けていくことができます。原因によって偏頭痛の症状も変わってくるので、その症状の違いによってツボのどこを刺激するか考えていくのが緩和への近道です。

タグ

2014年5月14日

t8aa9s1ann (14:13) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛の予防と改善

精神的ストレスを溜めこむと偏頭痛が起きる

切っても切れない精神的ストレス。

精神的なストレスを感じている人はいますか?

こう聞かれたときにほとんどの人は「最近強いストレスを感じている」と言うと思います。

人間が生きていく過程でストレスを感じない人はいません。

その住んでいる環境や職場、気候などによっても強く左右されるストレスは現代ではさらにより強く感じる人が多いです。

要因に多い会社でのストレスや、人間関係。

劣悪になっている職場環境で常に残業をしたり、上司に怒られたり、ミスを連発する自分にさえストレスを感じることがあると思います。

そこまでなら極端な話会社を辞めることで離脱することができますが、人間はさらにその先を考える理性を持っています。

「会社を辞めてもこの先どうすれば良いのか」と考えることによってさらなるストレスを生み出してしまう人がいます。

そうして何度もストレスを繰り返すことによって偏頭痛を発症する人がいます。

ストレスは生きていくと必ず感じますが、偏頭痛はその精神的ストレスが原因で発症します。

ストレス解消を心がけることが大事。

偏頭痛になると頭の片側がズキンズキンと脈打つような痛みになり、普通の頭痛とはちょっと違った感覚の痛みになります。

近年は女性も働く環境に多く出ていて、女性もストレスを抱えている人が多いです。

そうしたストレスの多い環境でも働き続けなければならないことが偏頭痛を悪化させる原因となっています。

これらのことがあって、偏頭痛はストレスが誘発原因となることが多いので、そのストレスを解消することが必要です。

ストレスを感じないようにすることはできないので、ストレスも感じても解消できるような生活にすると良いです。

好きな映画や音楽を鑑賞したり、運動をして気持ちの良い汗を流したり、ドライブに出かけたりなど、楽しいことをすることによって人間のストレスは解消されます。

ただ、ストレスを解消しなければならないと躍起になるのは禁物です。

タグ

2014年5月 8日

t8aa9s1ann (15:46) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛の予防と改善

このページの先頭へ