この偏頭痛は母親ゆずり?

人間はDNAレベルで親と繋がっています。例えばそれは遺伝子の影響もあってその人のクセや人間性が似てきたりするのもDNAの影響ですし、顔や体が似ているのももちろんDNAの特徴ということです。

これは人間の身体さえも遺伝子でコントロールするようになっているからで、親から引き継ぐDNAは時に病気や悪い面まで遺伝することがあります。とくに頭髪に関して薄くなる人はよく「親の頭が薄いから私もすぐそうなるなぁ」って嘆いている方もいます。それくらいにこの遺伝の力は強力なものがあります。

近年では偏頭痛に悩まされる人がいます。そういった方は主に耐えがたいストレスを感じていたり、激しい疲労によって身体が疲弊していたり、不眠症になっている人が多いのですが、それらが原因で偏頭痛を引き起こすこともあって頭痛に悩まされる人は頭痛を治すのではなく周りの環境を整える必要があります。

偏頭痛になっている人の約5割が親からの遺伝という説も有力です。

親からの遺伝によって決まった周期で頭が痛くなる人がいて、そういう遺伝による偏頭痛を持っている人は前兆を見ることが多いです。前兆は人によって様々なものがあるのですが、時には目の前がチカチカしたり、光を感じたり、生理になった後であったりと多くの原因があります。

特にこの前兆のある偏頭痛を遺伝している場合は母親もまた偏頭痛になやまされていた経験がある、もしくは現在も偏頭痛に悩まされているといことがあります。この病気は母親からの遺伝性の強い病気であることが解明されています。

またこういった母親が片頭痛であると子供が乳児疝痛という病気になりやすいという研究もあり、その乳児疝痛が後の偏頭痛になる可能性の高い病気です。そういったことからも母親が片頭痛になっていることは子供の後の病気に関与してくる場合も多いので注意が必要です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月19日

t8aa9s1ann (11:43) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛について

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hdacetate.com/MT508/mt-tb.cgi/5

コメントする




« 偏頭痛を起こさない為には目を酷使しすぎない事 | ホーム | お茶には偏頭痛鎮静効果あり!? »

このページの先頭へ